ユリ科に属する多年生草木で昔は根からでんぷんを採取していました。それがカタクリ粉です。
春に芽を出して花を開き実を結んで地上部が枯れるまでの期間が2か月と短くあとの10ヶ月は
地中でゆっくり休養するという習性があります。カタクリは全国各地に自生していますが、低い平
野部に多数生育してい所は少なく、県下でも少ない群生地となっています。毎年桜の咲く頃に、
紫紅色の可憐な花を咲かせます。

柏市逆井

観音寺は、文禄4年(1595年)開創されました。お大師さまを背負って
回る送り大師の69番札所で、ぼたん寺としても有名です。他にも、梅、桜、
カタクリ、スズラン、藤、紫陽花、ヤマユリ、百日紅、彼岸花、もみじ
と一
年を通じて四季の花が愉しめる名所として親しまれています。

折りたたみスライドショー

柏市文化財めぐり(カタクリの群生地)